酵素309の秘密

酵素が309種類も含まれているフルベリ。

普通ほかのサプリやクレンズジュースなどに代表される健康志向のジュースなどでもこれほどたくさんの種類の酵素を含有しているというのはなかなかありませn。


フルベリに309種類もの原材料を使った酵素を含んでいることの意味と受けられる恩恵をまとめてみることにします。


なぜたくさんの種類の酵素を?


酵素が加齢とともに足りなくなり、しかも基礎代謝などのサイクルに非常に重要な役割をすることは最近の健康ブームでよく言われている情報なので、すでに知っている方も多いことでしょう。

もっと詳しく酵素の働きを見てみると、実は、1つの酵素は1つの働きしかできないという真実に気付くことになります。


これはすなわち、どんなに大量の有用な酵素だったとしても、種類がたった1種類だけだったら体が受けることのできるメリットも1つだけということなんです。

酵素にはたくさんの種類があります。


炭水化物を分解するのに適した酵素、タンパク質分解に優れた酵素、脂質分解に優れた酵素、ウイルスや細菌の退治に優れた酵素、胃液での消化を助ける酵素など本当にたくさんの種類があります。


この中で、どんなに質が良かったとしても、アミラーゼのようにでんぷんを分解する酵素のみたくさん摂取してもさほど変わらないってことなんとなくわかりますよね。


だからフルベリはそこもちゃんと考えて、生命を維持するために必要なありとあらゆる機能にマッチした酵素を摂取できるように309種類もの原材料を使って発酵酵素を作って配合しています。

酵素

なぜ発酵酵素?

単なる酵素ではなく、発酵酵素です。


体にとって多大なるメリットをもたらす、酵素という存在。その唯一の弱点といっていい「熱に弱い」という特徴。


これを回避して、いかに栄養価の高い酵素を届けられるかということを考えたときにたどり着いた答えが「発酵」です。


酵素を発酵させることによって、アミノ酸やミネラル分などの栄養素が増え、さらに質の高い酵素が出来上がるのです。


フルベリの場合はこの熟成発酵期間におよそ3年もの歳月を費やしています。


今これほどの種類と質を併せ持った酵素を摂取できるドリンクやサプリメントはフルベリくらいのものではないでしょうか。


全米でも大ヒットし、数多のダイエット成果を上げてきたことにもうなずけます。